August 2010特集:アートとしての生命

Magazine

特集:アートとしての生命

Introduction:藤村龍至
「生命」というテーマから捉え直す作家像
アートにとって生命は重要なモチーフであり続けた。生命が設計される時代に、そのあり方はどう捉え直しされるのか。
Cover Interview:池上高志
「構造としてのアート」
科学者池上高志が語るアートの役割とは。
Interview:平田晃久
「『生命のような建築』がもたらすもの」
平田晃久にとって、生命のメタファーがもたらすものとは。
Text:市川紘司
「『生命のような建築』の平明性について考える 」 
   
若手批評家が語る、平田晃久の建築論の可能性とは。
Mail Dialogue:稲葉大明
「マンガのなかの生命」
マンガにおける生命の位置付けを稲葉大明と松島潤平が読み解く。