December 2010特集:マテリアルと都市

Magazine

特集:マテリアルと都市


Introduction:藤村龍至
「マテリアルの今日的な意味を考える」
情報技術の進展によって浮かび上がる、建築や彫刻の素材性(マテリアリティ)の今日的な意味とは
Cover Interview:ドミニク・ペロー
「マテリアル/コンテクスト/パブリックスペース」
ペローさんが語るマテリアルの意味と都市空間へのアプローチ
Interview:名和晃平
「ダウンロードされた情報としてのマテリアル」
ネットを駆使して得られる創作環境と作品の意味について
Text:松島潤平
「ノスタルジーの設計-『梼原・木橋ミュージアム』を巡って-」 
   
高知県梼原町でのプロジェクトへの関わりから
Intaview:森田一弥
「マイノリティがインターナショナルになるとき」
マイノリティ・インターナショナルのメディアとしてのマテリアル