March 2011特集:メタボリズム/1960年代再考

Magazine

メタボリズム/1960年代再考

Introduction:藤村龍至
「メタボリズム/1960年代の動きを再考する」
日本は今、新たな都市・国土設計のコンセプトこそを必要としている
Cover Interview:八束はじめ
「メタボリズムたちからみる建築家の夢と現実」
1960年代のリサーチから現代の高密度都市の提案へ。そして2011年夏、メタボリズムの展覧会へ
Interview:豊川斎赫
「丹下健三と下河辺淳の関係から」
東京大学丹下研究室の論文とOBへのインタビューから丹下健三の思想を検証する
Text:武田重昭
「1960年代の都市計画 再考」
   
都市計画学会の学会誌で展開された「1960年代都市計画特集」の企画者が、その狙いと概要を語る
Mail Dialogue:椿玲子
「アートキュレータからみる世界の動き/日本の動き」
森美術館キュレータからみる現代アート・建築の動きとは