February 2012特集:場所性のネクストステージ

Magazine

場所性のネクストステージ
Introduction:藤村龍至
「社会全体のアイデンティティを再生するために」
経済が失速して人口減少が始まり、社会の縮小が始まると、場所の不在が自らのアイデンティティの不在の表れとしてより強く迫ってくるのではないか

Interview1:
TNA [武井誠+鍋島千恵]
「建築的アプローチから場所性を考える」
今までのプロジェクトを振り返ると、場所性というか、場所の質、場所の歴史、場所の環境をどう表出させるかがテーマになっています

Interview2:長谷川豪
「スタディとリアル」
学ぶ事と作る事は表裏一体であると意識化することがスタディであり、その延長上に概念を見つけたい

Text:倉方俊輔
関西・建築家のネクストステージ
   
「東京」のように、単純に整理しないで、つまり建築に対して社会や思想や、何か外来のテーマを持ち込んだりしないで語り続けていくこともまた、可能な「関西性」ではないだろうか

Mail Dialogue:青木弘司×伊藤暁
「私たちが地域性を再考する理由」
「地域性」に注目することで開放的な論理を導き出すための議論を展開したい

After Talk:山崎泰寛
「場所性という場」の更新
この特集に集められた発言の数々は、一体どんな場所を更新しようとしているのだろうか