銀座たてもの展

銀座で暮らすcurator!の記録

プロフィール

ニックネーム
銀座たてもの展

カレンダー

2018/02

1月 < > 3月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

最近のトラックバック

06月 16日 01:48   /  Louis vuitton bags outlet
Louis vuitton bags outlet
09月 24日 23:39   /  make money online free
make money online free
09月 24日 17:35   /  how to make money from home
how to make money from home
09月 24日 16:43   /  ways to make money online
ways to make money online
09月 24日 15:45   /  how to make money
how to make money
09月 07日 04:52   /  video quest bars
video quest bars
09月 06日 19:10   /  www quest bars review
www quest bars review
09月 06日 03:35   /  this article
this article
09月 05日 21:20   /  youtube quest bar
youtube quest bar
09月 05日 20:05   /  quest bars review
quest bars review

ヒット数

  • 本日: 38 hits
  • 累計: 2488 hits
  • ※過去30日の累計を
    表示いたします。

RSS

rss1.0

rss2.0

銀座たてもの展2015年のアートプログラム参加アーティスト発表!

今年の銀座たてもの展は、タノタイガ(現代美術)さんにご参加いただきます!

銀座での夏のフィールドワークを経て、いよいよ10月から、奥野ビル306号を拠点に新たなプロジェクト、タノタイガさんによる「TANOTENASHI プロジェクト」がスタートいたします!

プロジェクトのメインは「プライベート・パブリック・インフォメーション」と題した、「移動」「対話」をキーワードにしたパフォーマンス作品となる予定です。作品には、中央区に住む作家ならではの発想「タノタイガのフィルター」から俯瞰した「街」へのアイディアが込められています。。。

会期:2015年10月6日(火)~10月11日(日)
時間:13:00~19:00
会場:銀座奥野ビル306号(東京都中央区銀座1-9-8)
入場:無料
主催:銀座たてもの展実行委員会

タノタイガ(現代美術)プロフィール
東京都中央区在住。立体造形、映像、パフォーマンス等、多様な表現手法によって、記号性と媒体性を誇張した風刺的表現を行う。ときには、作者自身を媒体化し、日常に埋もれた社会や集団の倫理性を表出させ、作品の中にはユーモアと毒を兼ね備える。主な展覧会に、「コネクティング・ワールド」(NTインターコミュニケーション・センター[ICC]/東京/2006)、「アートみやき2007」(宮城県美術館/仙台/2007)、「T+ANONYMOUS(タノニマス)」(現代美術製作所/東京/2009)、「現代美術も楽勝よ」(水戸美術館/水戸/2009)、「タノンティア資料室」(せんだいメディアワーク/仙台/2011)、水と土の芸術祭2012(新潟、2012)、「3・11とアーティスト:進行形の記録」(水戸美術館/水戸/2012)などの個展・グループ展や、ワークショップを行う。
HP http://www.taigart.com/



参考画像《プライベート・パブリック・プール》2010

京都で開催中!「第12回村野藤吾建築設計図展」

京都で気になっていた展覧会
「第12回村野藤吾建築設計図展 都市を形づくる村野藤吾のファサードデザイン」訪ねてまいりました!



銀座(有楽町)でおなじみの、
読売会館・そごう東京店(現・ビックカメラ/1957年)や現存しない、神戸新聞会館(1956年)などなど代表作の図面や模型など充実した展示です!

中でも村野さんのドローイングの線の柔らかさや、大阪新歌舞伎座(1958年)の模型のすばらしさが印象に残りました。この模型は、大学院の3回生さんによる制作ですが、とても丁寧で曲線もしっかり出ていて、感動ものです!

展覧会のHPはhttp://www.museum.kit.ac.jp/20130204.html

5月6日まで。展覧会のチラシも置いていただいています!

1