プロフィール

香川貴範

カレンダー

2017/05

4月 < > 6月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

13/05/21 11:42
「新しい建築のことば」...
13/04/22 18:09
庭の形
12/12/13 18:13
韓国建築
12/11/28 17:51
同じ家、違う家2
12/11/21 20:55
日韓現代建築交流展「同...
12/09/20 20:45
新しい建築の言葉 + DE03
12/02/16 13:25
1.17/3.11 明日への建築展
12/01/31 20:07
Dアパートメント
11/12/20 16:13
日常・構成・工学
11/10/04 22:29
グリーンヒル

最近のコメント

最近のトラックバック

09月 06日 20:50   /  this blog quest protein bar
this blog quest protein bar
09月 06日 18:05   /  quest bar this url
quest bar this url
07月 14日 00:14   /  レイバン 店舗
レイバン 店舗
07月 10日 23:06   /  ルイヴィトン アウトレット
ルイヴィトン アウトレット
07月 10日 17:03   /  プラダ アウトレット
プラダ アウトレット
07月 08日 11:34   /  フェラガモ アウトレット
フェラガモ アウトレット
07月 07日 02:43   /  フェラガモ バッグ
フェラガモ バッグ
07月 06日 00:26   /  フェラガモ 靴
フェラガモ 靴
07月 03日 22:56   /  レイバン ウェイファーラー
レイバン ウェイファーラー
07月 03日 16:17   /  フェラガモ アウトレット
フェラガモ アウトレット

ヒット数

  • 本日: 1 hits
  • 累計: 1958 hits
  • ※過去30日の累計を
    表示いたします。

RSS

rss1.0

rss2.0

1.17/3.11 明日への建築展

2/18から3/12まで大阪・梅田で開催される「1.17/3.11 明日への建築展」に出展します。「明日への建築32」の展示です。ギャラリー間『311 失われた街 展』の被災地模型も展示されます。是非お立ち寄りください。

会 場:ASJ UMEDA CELL
   大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー24F
会 期:2012年2月18日(土)~3月12日(月)
時 間:11:00 - 19:00/入場無料/会期中無休
   *3月3日(土)、3月11日(日)に記念シンポジウムを開催
主 催:1.17 / 3.11明日への建築 実行委員会
顧 問:高松 伸
企 画:槻橋 修/梅林 克/河井敏明

http://www.tomorrow-archi.jp/

概 要
1. 「失われた街 3.11のための鎮魂の復元模型」
LOST HOMES:The Requiem for 3.11, 14 Reconstruction Models TOTOギャラリー間にて2011/11/2~12/24に開催された展覧会『311 失われた街 展』 において出品された、14の被災地域を1/500で再現した模型展示です。美しい精 巧な白模型によって、一瞬にして失われた日常風景と記憶の風景とが重なり合います。 模型はすべて13大学の学生のボランティアによって制作されました。

2. 明日への建築 32
関西・西日本を拠点として活動する建築家32名が、3.11後の建築や都市の姿を模型やビ ジュアルプレゼンテーションによってリアルなかたちで問いかける展示です。

出展建築家 出江寛、渡辺豊和、吉村篤一、上谷宏二、高松伸、村上徹、岸和郎、宮森洋一郎、木村博昭、久保清一、竹山聖、小川晋一、石丸信明、窪田勝文、遠藤秀平、長坂大、宮本佳明、梅林克、松本正、河井敏明、槻橋修、長田直之、宮島照久、芦澤竜一、竹口健太郎+山本麻子/アルファヴィル、SPACESPACE(香川貴範+岸上純子)、谷尻誠、ドットアーキテクツ(家成俊勝+赤代武志)、前田茂樹、垣内光司、畑友洋、小川文象

3. 1.17の記録:「希望新聞」
1995年1月17日、阪神・淡路大震災が関西を襲った当時、新聞各社は被災の中心地が必 要とする情報を連日、重点的に掲載しました。中でも毎日新聞が翌日からはじめた「希 望新聞」は、復興の最初期におけるメディアの役割を生々しく伝えています。震災後数 週間の同新聞のオリジナルを閲覧展示します。

4. 阪神・淡路大震災+クリエイティブ/タイムライン・マッピングプロジェクト
クリエイティブ・デザインセンター神戸の準備室「KIITO」が1.17後に開始した研究プ ロジェクトのひとつ。阪神・淡路大震災以後の16年間にデザインやアート、そして建築 などのクリエイティブな取り組みの歴史を展示します。ひとつひとつの取り組みをタイ ムラインの中に丹念にプロットした展示は、東日本大震災に有意義な知見をもたらすこ とになるでしょう。


日常・構成・工学

2012年1月30日、藤村龍至氏とSPACESPACEが大阪で対談します。同窓生とは言え、公的な場での対談は初めてです。日常・構成・工学の先へ進む議論、是非ご参加ください。


藤村龍至 × 香川貴範・岸上純子/ SPACESPACE

テーマ:「日常・構成・工学」

日時:2012 年1 月30 日( 月) 18:30 ~ 20:30 開場18:00

会場:大光電機( 株)ライティング・コア大阪(大阪市中央区高麗橋3-2-7)
   ORIX 高麗橋ビル 1F TEL 06 6222 6224
会費:一般1,000 円 学生500 円(住宅部会員及び同スタッフは無料)
定員:80 人(申込先着順)
主催:(社) 日本建築家協会(JIA)近畿支部住宅部会
申込み・問い合せ:申込はFAX or e-mail で下記連絡先へ

山﨑康弘/シンプレックス一級建築士事務所
TEL:078 846 1757 FAX:078 846 1758
mail:jia@simplex-arc.com

『パブリックジェネレーター』S P A C E S P A C E 展

東北地方太平洋沖震災により被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、震災自体が未だ過去形にならない現状に日本中の人が不安を抱いていることと思います。

このような時期だけに、どのように動くか判りませんが、下記の概要で展覧会を行う予定ですので、とりあえずお知らせします。


関西若手建築家展覧会シリーズ Meets 2 1 7 [ nie - ichi - nana ]
東京・青山 プリズミックギャラリー

「関西若手建築家展覧会シリーズ Meets 2 1 7」は、建築家の芦澤竜一と平沼孝啓が、地元(大阪)で開催してきた建築レクチュアシリーズ 2 1 7[ nie - ichi - nana ]の2010年度ゲスト若手建築家5組による連続の展覧会です。

Vol.1 2011.03.10(木)- 04.10(日) 木村松本建築設計事務所
Vol.2 2011.04.22(金)- 05.22(日) S P A C E S P A C E
Vol.3 2011.06.10(金)- 07.10(日) studio-L
Vol.4 2011.08.19(金)- 09.19(月) ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ
Vol.5 2011.10.04(火)- 11.04(金) dot architects


S P A C E S P A C E 展 『パブリックジェネレーター』

SPACESPACEのこれまでの全作品を展示します。(展示は一部照明を除いた電力は使用しません)

会場:プリズミックギャラリー 〒107-0062 東京都港区南青山4-1-9 秋元南青山ビル5階
期間:2011年4月22日(金)~5月22日(日)
時間:10:00~17:00/休館日:毎週月曜日
  ※ 月曜定休(祝日の場合は火曜休)、5/3~5/5は休み
  ※ 日曜・祝日は裏手通用口よりお入り下さい。
入館:無料

主催:プリズミックギャラリー

企画協力:AAF アートアンドアーキテクトフェスタ


2 1 7[nie - ichi - nana ]で講演します

3/11に、芦澤・平沼両氏が主催するレクチャーシリーズで講演します。これまでには、dotArchitects・studio-Lの山崎亮氏・木村松本・前田茂樹氏などの講演が行われて来ました。関西圏の時間が空きそうな人は是非ご参加ください。申し込みが必要らしいので早めにどうぞ。

ちなみに、このレクチャーシリーズのメンバーによる「関西若手建築家展覧会シリーズ」なるものが東京のプリズミックギャラリーで開催されます。SPACESPACE展は4/22からなので、そっちの方も是非。

以下、講演会の概要です。


2 1 7[nie - ichi - nana ]

217 は 2ヶ月に 1度 7時から、2人の建築家が 1ゲストを呼んで、年に 7回 開催する建築レクチュアシリーズです。大阪を拠点に活動を行う2人の建築家・芦澤竜一(あしざわりゅういち)氏と平沼孝啓(ひらぬまこうき)氏メインスピーカーとなり、2ヶ月に1度(年/ 6回大阪+海外1回開催の3年間、毎回午後7時から)、ゲストスピーカーを招き、建築への思想や依頼のきっかけ、作品への手法やアプローチなどの作家思考性を探ると共に、より本音で刺激的なトークセッションを行います。
大阪という地域の特有性を引き出しながら、作家のオリジナリティを引き出し、建築家同士の交流の場として、また若き設計者への啓発の場として、活発な議論ができる場を目指します。

開催日時:第5回目 2011年 3月 11日(金)午後 7 時から

メインスピーカー:芦澤竜一 平沼孝啓
ゲストスピーカー:SPACESPACE

会 場:LIGHTING CORE(大光電機 本社ショウルーム)
〒541-0043 大阪市中央区高麗橋3-2-7 オリックスビル1階
※ 大阪市営地下鉄 御堂筋線 淀屋橋駅11番出口 徒歩2分 堺筋線 北浜駅 6番出口 徒歩5分

電話:06-6222-6224(代表)

定員:100名(事前申込制・先着順)

入場:一般 1,000円 学生 500円(建築士会会員 500円)
※学生の方は学生証の提示を願います。
※建築士会の会員の方は会員証の提示を願います。

申込・問合せ:社団法人 大阪府建築士会
〒540-0012 大阪市中央区谷町3-1-17 ジョイント大手前ビル5階
電話:06-6947-1961 ファクシミリ:06-6943-7103
Eメール:info@aba-osakafu.or.jp

今昔西横堀川と新しい町人のまちづくり

2/15~20に行われる(説明会は2/11)下記イベントのワークシップに参加します。ワークショップはディレクターのチーム毎に行うらしいので、是非SPACESPACEチームに参加してください。


平成22年度 今昔西横堀川と新しい町人のまちづくり
公開シンポジウム&ワークショップ


全体概要
今昔西横堀川と新しい町人のまちづくり実行委員会では、かつて大阪市の中心市街地(本町-阿波座間)の中央に流れていた旧西横堀川(現阪神高速道路環状線)の東西界隈で「ものづくり」を中心とした「まちづくり」活動を行っています。
現在は大阪有数のオフィス街であるこの場所もかつては、旧西横堀川の西岸に陶磁器店が数多く見られ、東岸には材木店が建ち並ぶといった、歴史的にものづくりの土壌を有する場所でした。特に西岸の瀬戸物通りでは、江戸時代より現在まで「大阪瀬戸物祭り」が続いており、この通りで生まれた「つぼ算」という上方落語の噺では、大阪商人の「もの」を介した生活者との活き活きとしたやりとりが伝わってきます。このように潜在的に大阪町人の生活文化が積み重なったこの地域に、現在的な「ものづくり」という新たな価値を付加させることで、良き古さに新しさがブレンドされた「まちづくり」を目指しています。



1.公開シンポジウム『地域の特性を活かした都市再生とその展開』

シンポジウム概要
当委員会では本年度より「大阪市街地の歴史的文脈を引き継いだ場所に立地する空きビル・オフィスの有効活用事業※1 」に取り組んでいます。近年金融危機以後、大阪の中心市街地でもビルの供給過剰により既存ビルの空室化と賃料の下落が問題となっています。それらの有効活用に向けて本年度は空室率や意識調査などの現況把握を行いました。そこで浮き彫りになった課題を受けて、本シンポジウムでは、都市再生・建物再生研究の第一人者である東京大学教授松村秀一氏と、東京東地区(CET)の東京R計画、地方での都市再生活動である山形R不動産など、都市の問題を再編集し続けている馬場正尊氏を迎え、地方都市の中心市街地の活性化というこれからの都市的課題に対して多角的に意見交換を行います。
※1平成22年度 国土交通省長期優良住宅等推進環境整備事業 住まい・まちづくり担い手事業認定

講師
松村 秀一(東京大学教授)
馬場 正尊(東北芸術工科大学准教授・有限会社オープンA代表)
パネリスト
末村 巧(みんなの不動産代表・株式会社アートアンドクラフト取締役)
松本 明(近畿大学理工学部教授)
(敬称略)

プログラム
・16:00-16:50:ワークショップ「街から生まれるものづくり」
ショートプレゼンテーション&講評会
・17:00-17:50:基調講演:松村秀一
・18:00-18:50:講演:馬場正尊 
・19:00-20:00:パネルディスカッション
パネリスト:末村 巧,松本 明
司会:河田剛(今昔西横堀川と新しい町人のまちづくり実行委員会代表)

日時:平成 23年 2月 20日 [日] 16:00~20:00
会場:坐摩神社会館(大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3)
地下鉄本町駅15号出口より南側へすぐ(伊藤忠商事と南御堂の裏手)坐摩神社境内南側。
定員:100名
参加費:500円(学生、地域の住人無料)


2.ワークショップ『街から生まれるものづくりのかたち』

概要
本まちづくりのソフト的役割を担う「ものづくりから生まれる小さな景観と大きなネットワーク形成事業※2」は西横堀川のものづくりキーワードである「瀬戸物」と「木材」を使用したシェルフやプランターの都市への設置を通して、地域の担い手とものづくりの作り手とが協力して、賑わい創出と魅力的商業空間を作り上げることを目的としています。このワークショップでは、この活動に加え、※1の活動の現状把握調査で明らかになった「ものづくりの歴史の認知不足」「空室利用の弊害」といった課題を解決するような提案と併せて、旧西横堀川界隈のフィールドワーク・リサーチを通してこの街でしか生まれることはできない「ものづくりのかたち」を見つけ出します。又、ワークショップで生まれた優れた提案は、実現に向けて取り組んでいきます。
※2:平成22年度(社)大阪府建築士会/大阪地域貢献活動センター 大阪地域貢献活動基金助成認定

ディレクター
香川 貴範・岸上 純子 (SPACESPACE一級建築士事務所)
木村 吉成・松本 尚子 (木村松本建築設計事務所)
河田 剛 (とのま一級建築士事務所)
アドバイザー
井内 素 (陶芸家)
田中 おと吉 ("形"STUDIO)
古鍛治 達也 (植物事務所コカジ)
(敬称略)

スケジュール
・説明会:平成 23年 2月 11日(金・祝日)
10:00~12:00
・フィールドワーク:平成 23年 2月 15日(火)(予備 16日)
13:00~17:00
・ディスカッション: 平成 23年 2月 17日(木)
13:00~17:00(以後参加人数に応じたチームでの作業になります。)
・制作作業: 平成 23年 2月 19日(土)
13:00~17:00
・成果プレゼンテーション:平成 23年 2月 20日(日)
公開シンポジウム16:00~16:50でショートプレゼンテーション

定員:20~30名
会場:愛日会館(大阪府大阪市中央区本町4丁目7-11、)



申し込み・問い合わせ:今昔西横堀川と新しい町人のまちづくり実行委員会(担当:林晃輝)
〒550ー0011大阪市西区阿波座1丁目2ー13 3F
TEL&FAX:06-6534-2880 ・email:nishiyokobori@gmail.com

主催:今昔西横堀川と新しい町人のまちづくり実行委員会

協力:摩神社、近畿大学理工学部建築学科松本明研究室、株式会社つぼ善商店、株式会社清水陶器店、うつわ屋Meetdish

1