April 2010特集「都市空間とアート」

Magazine

特集:都市空間とアート

Introduction:藤村龍至
「都市空間の変容とアートの可能性」
グローバリゼーション、情報化といった1990年代以後の社会的変化は、都市空間の構成を根本から変えつつある。変容しつつある「都市空間」の意味や役割を考察し、アートの可能性を探る。
Cover Interview:ダン・グラハム
「都市空間の可能性を引き出す」
ニューヨークを中心に活動し、美術館のみならず公園や広場等の都市空間に数多くの作品を設置しているダン・グラハム氏は、都市空間に作品が多いだけでなく、自らの作品を「都心と郊外を結びつけるもの」として定義するなど都市的な視点で位置づける。また、近年のニューヨークの都市空間に起こりつつある現象として、企業の建物が公園に変わる事例を挙げ、都市空間に景観設計の概念が戻りつつあると指摘する。
Interview:泉太郎
「コントロールできるもの/できないもの」
ビデオというメディアを用いてユニークな作品を発表している泉太郎氏。メディアや技術の層が拡大した90年代以後のアーキテクチャーの時代ならでの制約条件と作家の関係とは。
Text:木ノ下智恵子
「芸術の拡張機能と概念のリノベーション」
「名村アートミーティング」のプロデュースを手がけるなど都市空間を舞台にしたアートを仕掛け、本年の「六本木クロッシング2010展」のキュレーションも務める木ノ下智恵子氏が捉える都市空間の役割を語る。
Mail Dialogue:黒瀬陽平
「カオス*ラウンジ宣言」
アーティストとして活動する傍ら、活発な発言で批評家としても頭角を現しつつある黒瀬陽平氏。コマーシャル・アートも、コミュニティ・アートもWEBの時代にあっては批評性を失っていると指摘する氏が仕掛ける「カオス*ラウンジ」の狙いとは。