December 2011特集:アジアグローバルシティ ーvol.4 上海ローカル編ー

Magazine

アジアグローバルシティ
ーvol.4 上海ローカル編ー
Introduction:藤村龍至
「グローバル経済に隣接する『批判的地域主義』の萌芽」
ローカルな場所との関わりで設計を実践している建築家たちの言葉を紹介したい

Cover Interview:KUU(佐伯聡子+Kok-Meng Tan)
「ここで何ができるかを考える」
上海の社会的状況から「クラフトワーク」と「シェアリング」にアプローチする

Interview:王方戟
「半分クライアント、半分建築家の身体で設計する」
教育現場と設計活動の両面から、中国の建築設計における現代性を捉えたい

Interview2:柳亦春
「上海にみる東アジアの現代性」
   
上海の魅力は、都市の中にヒューマンスケールがあることである

Mail Dialogue:永田賢一郎×辻琢磨
「なぜ私は上海に旅立ったのか」
身の回りの実感を手繰り寄せつつ、世界に接続していくようなモデルを構築したい

After Talk:山崎泰寛
生きられる都市・上海
上海で設計活動を展開する建築家たちのローカリティに注目することで、上海の相貌をより立体的に捉えたい