June 2012特集:都市に仕掛ける

Magazine

都市に仕掛ける
Introduction:藤村龍至
「商業とコミュニティのあいだで」
コミュニティの空洞化に対して、多くの建築家たちも地域のコミュニケーションのためのイベントや空間など多くの提案を重ねている

Cover Interview:
乾久美子

表層と深層のあいだを見つめる
バブル経済までは表層のかたちが建築家の主題だったが、 都市再生や縮小社会など社会構造の転換期を経た現在においては、深層の仕組みが建築家の主題になりつつある

Interview:
井手健一郎
「東京と沖縄のあいだ」
沖縄のプロジェクトでは土着的な、前近代的なものとの関わりがあり、東京のプロジェクトではメディア的なものというように、振幅がだんだん大きくなってきた

Text:
藤村龍至
「障がい者と健常者のあいだ」
   
作家と技術者のハイブリッドを目指すということは、障がい者教育のような側面と健常者教育のような側面の両面が必要だ

Text:
羽鳥達也[逃げ地図]×山崎泰寛
「共有知の立体的設計図」
リスクマネジメントや文化的な暮らしという視点から、地域のリデザインにつなげる

After Talk:山崎泰寛
「地図と図面のあいだ」
形で個性を表現するというよりも、やり方そのものが個性的