July 2014マガジン:空間に込められた美意識

Magazine

#01 堂(寺院)
「堂(どう)」とは、寺院建築のことである。大陸朝鮮半島の百済(くだら)からもたらされてから1500余年、さまざまな形式(和様、大仏様、禅宗様、折衷様)の建物が造られる。

#02 社(神社)
「社(しゃ)」とは、神社の建築のことである。神社は「堂」の建築がもたらされる以前からあったが、「堂」の普及に刺激されて建築の形式が確立され、「堂」の影響を受けながら変化する。。

#03 殿屋(住居)
「殿屋(でんおく)」とは、住み、客を迎える住宅の建築である。「殿屋」は、生活、風土に寄りそい、儀式、寄合(よりあい)などの使い方によって多くの形式(寝殿造、書院造、数寄屋造)が生み出される。
#04 門・塔
「門・塔(とう)」とは、出入口に作られる「門」と主に寺院に作られたが、神社にもあった寺院、神社の象徴的な建物である。門と塔にもさまざまな形式があるが、このサイトでは門、塔以外も含めて象徴的な建物として分類しよう。
日本建築片々
若い人達と日本の建築の話をし、共に見学に行くうちに、その中の何人かから、日本建築の保存や修復のために何かをしたい、そのために、日本建築についての、独り言のような私の話を他の人たちにも伝えたいので、サイトを作りたいという申し出がありました・・・